民事事件

医療事故情報センター センターニュースに寄稿しました

医療事故情報センター センターニュースに寄稿させていただきました。 裁判員裁判があったため,締め切りがかなり厳しくなりましたが,無事に掲載されてほっとしています。

自研センターで交通事故の研修を受けてきました その2

昨年の9月に一度研修を受けていますが,違う研修コースを受講してきました。 今回は事故の補修の実際の経緯が中心でした。 また,保険会社の方の考え方なども聞くことができ,たいへん参考になりました。

交通事故事件に関する「赤い本」以外の書籍

交通事故事件は事務所の案件でもかなりの割合を占めています。 一般的には,写真にある書籍が使われています。いわゆる「赤い本」と呼ばれる書籍で,裁判における基準となる本です。 ただ,「赤い本」だけでは当然わからないこともたくさんあります。自転車…

自研センターで交通事故の研修を受けてきました

18日から20日まで,(株)自研センターで交通事故に関する研修を受けてきました。 自研センターは,損害保険各社の出資で作られた機関で,交通事故の解析,実験,それらの結果を基にした研修を業務としています。 研修は,損害保険各社の社員か保険会社から…

民事再生において非典型担保権は別除権として扱われるのか

民事再生法は,53条で別除権について定め,再生手続によらないで行使できるとしています。(別除権) 第五十三条 1 再生手続開始の時において再生債務者の財産につき存する担保権(特別の先取特権、質権、抵当権又は商法 若しくは会社法 の規定による留置…

婚姻費用に税金は含まれるのか(結論:含まれない)

夫婦間において,婚姻において生じる費用(生活費等)は,収入状況等に応じて負担することとなります(民法760条)。ここで「婚姻から生ずる費用」,すなわち婚姻費用とは,婚姻当事者を中心とする世帯の生活を,夫婦双方の財産,収入,社会的地位に応じて保…

不動産(建物)売買の手付解約における「履行の着手」とはいつなのか(結論:材料購入時・工事開始時・登記完了時)

不動産売買では,一般的に「手付」を交付することが行われています。 民法では,以下のように「手付」を規定しています。(手付) 第五百五十七条 買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売…

交通事故において物損のみの場合,慰謝料が認められるか(結論:原則として認められない)

交通事故が発生したとき,人身傷害が生じた場合はその内容に応じて慰謝料が発生します。では,物的損害,いわゆる物損のみの場合に,被害者は慰謝料を請求できるのでしょうか。結論は,原則としてできないということになります。 物損だけで慰謝料が認められ…

さいたま地方裁判所越谷支部,関東弁護士会連合会の委員会

午前中はさいたま地方裁判所越谷支部に出張でした。その後,午後からは霞ヶ関へ。 日比谷公園を通って,関東弁護士会連合会の消費者委員会に出席しました。 年度あけに視察に行くという話も出ています。

当事者の略称の書き方(甲乙丙の次は?)

法律文書では,当事者の方を「甲」「乙」などと文書内で示すことがあります。通常,法律関係は相対する関係,つまり二人の問題のことが多く,たまに三人目の当事者の方が関係することがあります。「甲」「乙」の次は「丙(へい)」になります。そして「甲」…

成年後見人は被後見人に代わって破産申立をすることができるか

認知症や病気,事故により判断能力が低下してしまった場合,金銭に関することを本人に代わって行うことを定める制度があります。成年後見制度といいますが,裁判所に親族などが申立をして,本人に代わってきちんと財産を管理できる人を選んでもらい,選ばれ…

成年後見人は離婚に合意できるか

成年後見人には,財産に関するすべての法律行為につき代理権が付与されます(民法859条)。そして人事訴訟法14条により,人事に関する訴訟については原告・被告になることができると定められています。この代理の性質について,判例は訴訟担当(職務上…

新・裁判実務体系を購入しました

新・裁判実務体系のうち,欠けていた何冊かをまとめて購入しました。 本棚のスペースもまた考えなくてはいけませんが。

対象を「特定」する

裁判所に提出する書類を作っています。さて,裁判所でかなりうるさく言われるのが「特定」の問題。 裁判で決まった内容はとても大きな効果があるので,効果が生じる部分がどこまでなのか,何が問題なのかをはっきりさせておかないといけません。という訳で弁…

医療問題弁護団 無料相談会

土浦で,私も所属している医療問題弁護団の無料相談会が開催されました。 医療顧問のお医者さんの先生を交えて相談をお受けしましたが,やはり相談される方もいろいろと悩ましい問題を抱えておられて,大変なのだろうなという感想を抱きました。今後も継続的…

岡山から土浦へ

昨日は岡山で先物研究会の全国大会に参加するため、朝一番の飛行機で出張でした。 今日は午後から土浦で医療問題弁護団の相談会があるので、朝一番の飛行機で羽田に戻ってきました。

先物研究会に参加しています

先物研究会の全国大会が岡山で開催されるため,朝一番の飛行機で羽田を出て岡山に向かいました。 昨日も夜まで起案や接見などをしていたので少し寝不足だったため,飛行機ではぐっすり寝かせていただきました。 大会で得たことを,少しでも仕事に反映できる…

リフォームの瑕疵担保に関する時効期間は何年か

請負契約では一般的に瑕疵担保の時効期間が引き渡しから1年と定められていますが(民法637条),土地の工作物(代表的なものとして家屋や建物)についてはコンクリート造りなどの堅固な建物は10年,木造の場合は5年と時効期間が延長されています(民…

判決言い渡し

午前中,いったん判決期日が決まったもののいろいろと事情があり再度期日が開かれた事件が,弁論再開後即終結,さらに直後に判決言い渡しとなりました。その場で判決言い渡しという話は聞いていなかったのでちょっと驚きましたが。午後に仕事をしてから,夜…

遺言の有効性

遺言で普通預金5400万円のうち,子供CEFにそれぞれ1200万円,子供Dに1500万円を,子供の婿Gに300万円を相続させるが,子供Bには相続について何も書いていないという遺言書が作成されたが,普通預金には200万円余り,定期預金に55…

土浦で法律相談

午前中は土浦の弁護士会で法律相談。 家事事件のご相談だったので,法律相談時にいつも持参している家事事件の書籍が役に立ちました。 交通事故の書籍や六法は弁護士会においてありますが,相談頻度が高い家事事件の書籍は備え置きされていないので,必ず持…

民事再生・破産書式が完成

時間を見つけて作成してきた事務所独自の民事再生書式・破産書式ですが,ようやく一応の完成をみました。破産書式については入力時間の短縮とケアレスミスの撲滅,民事再生書式は再生計画の半自動立案が可能になっています。以前かなり難しいエクセルのマク…

つくば医療問題弁護団

仕事の後,夜からつくばで医療問題弁護団の会合に出席しました。弁護団で受任している事件の検討や,医師に求められる具体的な注意義務についての検討など。昔学生だった頃,お医者さんが仕事の後,夜に研修などをしているという話を聞いて仕事するようにな…

判例研究会

水戸で判例研究会があったため,夜に事務所を出ました。 特商法と割賦販売法の判例と,改正法の関係。 裁判実務上の話も少々。

自己破産と携帯電話

自己破産した場合,携帯電話がどうなるのかというのは割とよくあるご質問です。まず,普通に携帯電話を使っている場合に,使用を停止されたりすることはありません。ちょっと問題になるのは,ドコモのDCMXなど,決済機能を利用している場合です。決済に残高…

管財人協議会に出席してきました

午前中に事務所に出て,午後から水戸の裁判所で管財人協議会に出席。裁判所からの意見が聞けるのはやはりいいですね。こちらが考えていることと違ったことが求められているとか,そういうことを考えているのか,どういう問題意識を持っているのか等々,勉強…

引き続き

協議会から戻ってきて,いろいろとお仕事。エクセルについては,さすがに使っている方が多いだけにネットで調べれば疑問ややり方がすぐにわかるのがありがたいですね。民事再生については,全体の8割方完成。あとは追加で出す書式や,データを増やしていけ…

ITをもっと活用する

今日は午後に土浦の裁判所で刑事事件の弁論をしてきました。 判決は先ですが,よく考えてもらって更正してもらえればよいのですが。さてここ数日,時間のあるときはエクセルにかかりっきりになっています。保険会社との仕事の関係で一事件ごとに報告書等を何…

つくば医療弁護団が発足

つくば医療問題弁護団が発足しました。 http://medlaw-tsukuba.com/今年の4月から,つくばの横田弁護士を中心として有志で勉強会をしてきましたが,このたび正式に弁護団として発足いたしました。本日はつくば研究支援センターにおいて弁護団の発足記者会見…

潮来市で液状化相談会

茨城県弁護士会の消費者委員会主催で,建築士の方たちの協力を得て潮来市で液状化問題の相談会を行いました。当日,NHKと朝日新聞の記者の方も取材しておりました。液状化の被害が大きかったのは茨城県と千葉県で,大きく報道はされていませんが被災地域とな…