読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全自動シュレッダー アコ・ブランズ・ジャパン GBC GCS300AFMを購入しました

先日,2010年に購入したシュレッダーが故障してしまいました。
新しいシュレッダーは,気になっていたアコ・ブランズ・ジャパン GBC オートフィードシュレッダ マイクロ 300AFM GCS300AFM,「全自動シュレッダー」にしました。簡単にレビューしてみます。



奥行きがこれまでのシュレッダーよりも長くなっています。

このシュレッダーは上面に紙を300枚までセットでき,セットした後,ふたをすればあとは自動で細断処理してくれるというものです。
これまでのシュレッダーは作業が終わるまでつきっきりで投入しなければなりませんでしたが,セットするだけですむので,その必要がなくなります。300枚をそろえて入れるだけなので,作業時間は1分とかかりません。

ふたをすると,自動的にスイッチが入って細断処理してくれます。
ふたをするため,普通のシュレッダーよりも作動音が小さいのではないかと思います。
また,以前の機種では細断がやや大きめだったようですが,私が買った機種では細断の細かさもあがり,復元することが不可能な細かさになります。
一度に1000枚単位で細断処理をすることもある当事務所では,たいへんな時間の節約です。置き場所と予算が許すのであれば,どんな業種でもおすすめできるシュレッダーだと思います。